home index previous next

第15話 ライムスター 「流星」




とりあえず、昨夜は失敗でした。

「覚悟が足りないっていうか、準備が出来ていないというか。」

「ですか〜?」

「でも、一度目覚めたら止まらないわ。男の子だから。」


「ですか〜〜〜〜?」






「そーなのよ。」

「嬢ちゃんは自信たっぷりに言っていました。」





「確かに坊ちゃんはあの夜からずうう〜と、行くべきか行かざるべきか、それが問題だ・・・という顔をして、

悩んでいました。」











あるとき、











「おにーちゃん、例えばねー、

ずーっと溜め込んでいて何年か後にそーゆー関係になるのと、

今日から始めて、あとずっとそーゆー関係でいるのと、

どっちが楽しいでしょうー?」


「なんか危ないことを言っていますが・・・。」



















で、結局はこーなってー















「もー大人ですから。」

「なに?」

「大人だから、大人用の記録を開始します。バースコントロールにも安心。」

「それは自分でできるわ。いらない。」

「でも、仕事ですから。」

「新婚旅行の思い出にもなります。証拠にもなります。」





とか言いながら、楽しい新婚旅行です。

故郷の星へ・・・。





母星は環境改造中でした。

人間が科学技術を使って活動を拡大しながら住んでいる限り、

他の生物の生存環境を破壊し続けるという理由で、

この星の人間達は母星を離れたのでした。


それまで作った建造物や汚染物質は邪魔だから、

なかったことにしようー、と

ロボット達が作業をしていました。


がちゃん。ごとごとごと。がががががががががががが。

もさもさもさ。めりめりめり。

どどどどどど。



「あと、2000年はかかるそうです。」

「まだるっこしいわねー。」










2000年かかっても、母星を生き返らせようとする人々がいる。

そこへ突然やって来た見知らぬ何かが残りの仕事を全部やり遂げてしまった・・・というのは、
ファリィの好みではなかったのです。

「ライム星の半分は歓び、半分は怒る。そんな風になりそうだし、
まして、人の努力を無にするのも好きじゃないし。」



ファリィは、素直に「新婚旅行中の妻」でいることにし、
母星の森の中であんなことやそんなことをして過ごしました。

やがて、2人はライム星へ帰りました。

いや、正確には1人増え、3人で帰りました。


つづく