home index previous next

第15話 ライムスター 「帰還」



「私はぬいぐるみ型の家庭史記録装置。
名前はポチ。
この家の奥様が結婚したときのお祝いの品でした。

それ以来、私はこの家族の歴史を記録しているのです。」





・・・・あれからどれくらいの年月がたったのでしょうか。

私の記憶領域が容量いっぱいになると、記録は外部に保管されます。
昨夜、8世代目の記録を保管しました。

今日もこの大家族は空の家で元気いっぱいに暮らしています。




2代目の奥様のことですか?
あの方のことはよく覚えています。

ある晴れた朝、突然捨て子として現れ、
この家族の坊ちゃんと結婚し、

出産祝い金を株に投資し、

あれよあれよという間に

この星全部買えちゃうくらいの資産に増やした方です。

出産祝いですか?・・・・12回はもらっていましたねぇ。



そんなお金持ちには見えない・・・ですか?


あの方はそのお金を故郷の星改造計画に使ったのです。

故郷の星は当初の計画からずーっと早く、100年も経たないうちに完了しました。

ライム星では、「偉大なる母」と呼ばれています。




あの方の人生の最後に、とても不思議なことが起きました。

あの方が、ご主人の葬儀の夜、忽然と姿を消した直後、

みんなが誘拐か、事件かと大騒ぎしていたとき、

鳥形の見知らぬ宇宙船団がいきなり現れ、空を埋め尽したのです。



その乗員達が一斉に、

「偉大なる母はどこだ。」と問いかけてきました。




青天の霹靂というのでしょうか、

全く未知の、億を超える船団が、一人の老婆を捜してライム星に押し寄せてきたのです。



結局それが始まりとなり、
今やライム星はニャン・ミア族の星になってしまいました。

この家族も3、4代目がニャン・ミア族と結婚し、
以降の子供達は全員雌雄同体で、ねこみみとしっぽのあるニャン・ミア族です。

偉大なる母直系ということで、どの方もすごい玉の輿だったというお話はまた、別の機会に。






・・・・・・・・・。

世間では、ニャン・ミア族が捜していた人物がライム星で暮らしたと、
それだけのことだと思っているようです。

でも私は、あの方が最初から坊ちゃんと結婚することを目的としてここへ来たとしか思えないのです。


赤ん坊のようで赤ん坊でなく、老婆の姿でも年老いてなく、
不老不死で完全に不滅の存在・・・。
偉大なる母というのはそのようなものだと教わりました。

そうならば、赤ん坊の頃から坊ちゃんを、意図的に籠絡していたのです。
単なる「おませな女の子」ではなかったのです。


そんなことを3代目と結婚した大旦那様(といっても少女にしか見えませんが)に話したら、
「それは重大な手懸かりだ。でかしたなポチ。」

・・・と言って、捜索団を指揮して宇宙に飛び立っていきました。







私は残った家族と一緒にライム星でお留守番です。
これからもこの家族の記録をとり続けることでしょう。




ニャン・ミア族の寿命は4000年と聞きました。
私の寿命もそれくらいだと言われました。



いつか、私もあの方に会える日が来るのでしょうか。
寿命が尽きる前に、もう一度お会いしたいものです。






もう一度お会いして、

「実はエッチな女の子だったんですね。」

と言ってみたいのです。


おわり